精神科における最新医療と地域医療の充実の重要性

6月 9, 2019

関東のA病院では、50年以上の歴史をもつ精神科の他に内科や介護サービスにおいても常に質の高い医療や看護・介護を提供してきました。

近年では、先進的な精神科の急性期医療やリハビリテーション、内科の急性期医療とケアを提供し、最新のMRIやヘリカルCTといった高度医療機器を用いて高品質な診療を行っています。また、在宅支援も積極的に進めており、精神科デイケアやデイナイトケア、社会復帰施設や地域生活支援センターを設立しました。専門外来としては、発作、物忘れ、児童・思春期、糖尿病、循環器、歯科外来などがあり、精神科の他にも幅広く対応しており、介護保険関連サービスについてもすべてのメニューを提供しています。

精神科急性期治療は、PICU(精神科集中治療室)を設けることで、早期治療や退院に成果をあげています。精神科リハビリテーションについても積極的に取り組み、ケアマネジメント技法を用いることで、長期入院に対して退院促進に効果をあげています。またA病院では、社会復帰を目標としたリハビリテーションにも力を入れており、医師や精神保健福祉士、看護師、作業療法士などがチームを組んでケアプランを立て、治療に取り組んでいます。

他にもA病院では、デイケアやデイナイトケア、職業訓練施設、グループホーム、共同住居を運営しており、利用者の地域生活支援と共に、地域との交流活動や地域の支援機関・事業所との連絡や調整を行っています。毎年5月にはこうした施設で催しを行い、小学生からお年寄りまで、多数の地域住民とコミュニケーションを深めています。

A病院では近年、次々に新病棟が設立され、地域住民に対する医療サービスのさらなる充実 が期待されます。

医師の求人を探している人の中で、A病院のような病院を探している人にとっては、こうした情報は貴重ですよね。

ぜひこの情報を参考に医師転職を行ってください。