バックパッカーの旅

            

南アフリカで最大と言え、世界でも稀に見る規模と言える力ンゴー洞窟は、ガーデンルート観光の中でも人気のポイントであると言えるでしょう。

スケールが大きく美しい鍾乳洞はとりわけ人気と言え、観光の目的として挙げる人も少なくないのではないでしょうか。

また、そこまでの道のりにはダチョウ農園があり、ダチョウたちと戯れることも出来るため、併せて人気がでているようです。

このような普段の日常生活では中々見れない素敵な光景も海外なら撮影することが可能です。

他にも、ナイズナというラグーン沿いの町では取れたてのカキなど海の幸も味わえることで注目を集めているなど、近年ではバックパッカーがバズ・バスなどで巡る姿も多く見かけられるようです。

バズ・バスは、長距離バスにはない旅の面白さが溢れているとされ、南アフリカを旅するバックパッカーは知らない人はいないと言えるほど人気の移動手段になっていると言えるでしょう。

世界各地から集まってきたバックパッカーが乗り合わせるバズ・バスは、乗車も後者もそれぞれに自由で、様々な目的を持った旅行者が触れ合い、語り合える場所としても人気があるようです。

また、旅行中に嬉しい再会といった奇跡もあるため、旅行者同士の繋がりが深まる乗り物であると言えるでしょう。

ケープタウンからポート・工リザベスまでのバズ・バスでは何度も同じ顔ぶれになることも多いようで、車中だけでなく、ホステルでも仲良くなるといったことも少なくないようです。

何度も再開を繰り返す人では親しみも湧き、意気投合して一緒に旅をするという展開も多くあるようです。宿泊施設のスタッフたちも、ほとんどが気さくで親切な人が多いことや、バズ・バスのドライバーも優しい人が多く、ジョークを言って車内を和ませたりと、飽きることなく安心して旅ができるのも人気の秘密でしょう。

どのホステルも、夜はプライと呼ばれる伝統的なバーベキュー料理でゲストをもてなし、役立つ情報などをめいいっぱい教えてくれるなど、一生に一度は経験しておくのも良い環境と言えるでしょう。

観光スポットからだけでは得られない感動がバックパッカーにはあると言えるでしょう。

     

      

気ままにバズ・バス旅

        

世界にはバックパッカーと呼ばれる旅行者が多くいるようですが、南アフリカへ旅するバックパッカーの中でバズ・バスを知らない人はいないのではないでしょうか。

バックパッカーに大人気とも言えるバズ・バスは、ケープタウン、ポートエリザペス、ヨハネスプルグ、ターバン、プレトリアといった南アフリカの主要都市を約40箇所結んでいる安全で便利にそれぞれの町を巡ることが出来るバスと言えるでしょう。

人気の理由は、あらかじめ予約しておくと、滞在しているホステルに迎えにきてくれ、目的地のホステルへ直接乗せていってくれるというシステムでしょう。

便利以外の何ものでもないシステムのほか、治安という面で不安な南アフリ力で最も安全と言える移動手段と言うのもバックパッカーには嬉しい点でしょう。

バズ・バスの説明や各都市で立ち寄るホステルの情報などが書かれたパンフレットは、それぞれのホステルにて無料配布されている ため、掲載ホステルに泊まるだけで簡単に予約することができるのも人気の秘訣でしょう。

ただ注意しなければならないのは、運行頻度が区間で異なることと、区間によっては運行しない曜日などがあると言うことでしょう。バス内の座席の数も多いわけではないため、予定が埋まってしまっている場合には足止めを食ってしまうことも覚悟しなければならないでしょう。

最低でも乗車したい日の前日までには必ず予約をしておいた方が良いでしょう。バズ・バスでケープタウンからポートエリザベスを旅するルートは特に人気のようで、多くのバックパッカーが驚きと発見の旅を楽しんでいるようです。

ハマナスでのクジラ観察やモッセルベイでのシャークケージ・ダイビングやフイツシンクツアー、オーツホンで壮大な鍾乳洞の感動を味わうなど、バズ・バスを利用してお得に便利に南アフリカを楽しんでみてはいかがでしょうか。

      

      

さまざまな楽しみ

           

ステレンボッシュに古くからある店「オー・サミ・スィ・ウィンケル」は、地元の人にも観光客にも愛される店といえるでしょう。

店内には手作りのジャムから干し魚、骨董品や古着といったさまざまなものが並んでおり、特に欲しいものがなくても立ち寄るだけで楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

南アフリカが特産とされるルイボスティーや、ピルトンと呼ばれる干し肉、スナック菓子といったさまざまなジャンルの商品を取り揃えられています。特に、ステレンボッシュならではと言える店は、ほかでは手に入れられないようなビンテージ物のワインの豊富な品揃えではないでしょうか。

このワインの品揃えも、ただ見るだけで楽しめるでしょう。

ワイン好きな方にも安心の海外配送をしてくれるため、テンションに任せてたくさん購入してしまっても安心です。

ステレンボッシュ大学の屋外研究室と言われ、1923年より地元の植物保護、栽培方法といった研究に利用されてきた植物園ですが、現在では広く一般にも公開しており、緑と花があふれる町のオアシスとして人気があるようです。

この植物園では、ケープ地方でしかお目にかかれない植物に加えて、世界中の珍しい花や樹木なども見ることができるようです。園内は緑あふれ、ハスの池ゾーンや日本庭園ゾーンといった趣向も楽しむことができるでしょう。そのロケーションの良さが人気を呼び、園内ではときどき結婚式やパーティをしている姿などもみられるようです。

お土産物も充実しており、植物園ならではのオーガニック製品を扱ったショップや、レストランもあり、のんびりとお散歩気分で観光が楽しめるスポットと言えるでしょう。

ステレンボッシュという街は、規模の小さなところから、その土地ならではの料理がいただけるレストラン、またレクリエーション施設といったものを併設した規模の大きなところまで、多数のワイナリーが点在していると言えるでしょう。

そのほとんどのワイナリーではテイステインクが可能とあり、ワインセラ一見学が目当てで観光するといった場合には事前に予約しておくことが重要でしょう。

事前に問い合わせておくことで残念な思いをすることもないので、一度連絡をすることをお勧めします。